チャイルドシートの認証マークってどんなの?

チャイルドシートの認証マークってどんなの?

チャイルドシートは、国で認定された
認証マーク付きでないと危ないことが
nhkニュースで取り上げられた。

認証マークというものがどういうものか
簡単にまとめておきます。

チャイルドシートの認証マークとは?

まずはそのマークを国土省のHPから見てみましょう。

E43に〇自に〇がついた2種類です。

※E43は数字の43以外のものがあるようです。

 

チャイルドシートのおすすめできないものは?

今までに人気だったものには
・簡単
・安い
・持ち運び便利

といったキャッチコピーが用いられ、
お値段も2~3000円ほどの
お安いものが人気だったようです。

カスタマレビューも評価が高かったりして
みんなこれを見て購入者が増えたことかもしれません。

でも、今回、国が安全基準の点検をしたところ
なんと7種類のものに危険性があることが判明しました。

この7種類というのは、
すべての種類を調査したかはわかりません。
ランダムにチョイスした7つだったかもしれません。

はい、上記のものでは、安全基準を満たしていないため
すべてNGです。

チャイルドシートのおすすめはこちらをチェックすること

1.安全基準を満たした認証マークのついているもの

先ほど見ていただいた、自マークやE43マークのあるもの

これが最低条件です。

2.目安価格として1万円以上するもの

安価のものと基準のものを比べると

シートの部分が強化プラスチック
→布製

ベルトの留め金が金属製
→プラスチック

目立つパーツとしては、まずこれらの2点が違います。

布やプラスチックだったら、
確かに安く提供できるかもしれませんが
時速50kmの衝撃で簡単に裂けていました。

肩のベルトがちぎれたり、
ウエスト部分もすぐに裂けて

強度や構造などの、安全性を満たすものに
及んでいません。

これからご購入の方は、
よくチェックしてみてくださいね。

また、すでにご購入の方は、
再度ご検討をお勧めします。

こればっかりは、
大事なお子様を守る命綱です。

参考までに楽天市場の商品をご覧ください。
中に動画でわかりやすく解説があります。↓
こちらは、ヨーロッパ統一安全基準適合
購入者レビューも多いです。

 

こちら→【約9000円~30000円を安い方から並べてみた 楽天ショップのチャイルドシート一覧】(認証マークについてはそれぞれでご確認くださいませ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク