旅行用バック☆一泊二日でおすすめは?

旅行用バック☆一泊二日でおすすめは?

カナナ旅行バック

初めての旅行、まず用意するのは旅行用バックでしょう。旅行に行こうとする人は色や形、販売価格など様々なポイントで旅行用バックを選びます。その中の1つとして滞在日数というポイントがあります。今回は一泊二日旅行で使える旅行用バックの選び方をご紹介します。

旅行用バックの選び方-そのコツとポイント-

旅行用のバック選びのポイント、実はたくさんのポイントがあります。今回注目する滞在期間もその1つですが、1泊2日の旅行中どのように過ごすのか、バックを使う方の年齢、旅行に行かれる季節によってもバックの選択方法は変わります。

では、どのように選べばよいのでしょうか?

1泊2日の旅行で森や山などの深い自然に出掛けたり、旅行用バックを宿泊施設に置かずに観光するという機会があるならできるだけ小さめのバックを選びましょう。

さらに、冬から早春の時期なら起毛素材、それ以外なら突然の雨にも対応できるようアクリル素材リュックタイプのものが良いでしょう。

登山用のリュックサック(今回の場合はデイパック)は軽量化・防水素材を使用した1泊2日旅行にはうってつけのものです。登山はしないという方もこちらも選択肢の1つに入れておきましょう。

旅行用バックの選び方―実際に選んでみよう―

では実際に上のポイントを押さえて1泊2日用の旅行バックを選んでみましょう。

(サクタネ) SAKUTANE リュック おしゃれ 清純 レディース かわいい レザーバッグ PUレザー 大容量 通学 人気シンプル おしゃれバッグ bag お洒落 大容量 通勤 通学 紐 質感 金属 丈夫 高校生 磁石 チャック付き 大学生 女性向け 光沢 高級感 全2色 女の子らしい 便利 ブラック
※全6色 アマゾンで違った角度からの撮影画像あり。

1泊2日旅行のバック選びで嬉しいのは、基本的に機能性を重視しなくてもいいというところにあります。このような素敵な素材(画像はレザーのようです)のリュックに最低限の着替えとアメニティを入れて行けば準備はOK。

リュックだけではすぐに取り出したいものが取り出せないという方はこれにショルダーバックやエコバック、ポシェットを合わせると良いでしょう。

豊岡かばん パンチング合皮 大割れボストンバッグ 48cm ショルダーベルト付 #10405 (クロ)※ブラウンもあり。

荷物はひとつにまとめたいという方は、このボストンバックタイプのものを選びましょう。従来の形ではありますが、最近では合皮だけでなくナイロン素材(はっ水加工済みのもの)やアクリルなど軽くて持ち運びしやすい商品が市販されています。

皮だと重くなってしまうのでこのタイプは女性には敬遠されがちですが、自分の目の届くところに荷物があり、旅行の混み合う車内や人ごみの中でも肩から掛けているため落とすことはありません。

ちなみに起毛素材など特殊な素材を使った商品が多いのもこのボストンバックタイプの特徴です。

旅行用バック体験談

(キプリング) KIPLING バッグ BAG GABBIE 斜めがけショルダー バッグ ナイロン k15255 ブランド (True Blue) [並行輸入品]

実際、私が初めて旅行に行く際に購入したのはボストンバックタイプでした。ボストンバックタイプを選ばれた方は特にそれ以上手荷物はありません。

(バス旅行ですと車内で食べるおやつや飲み物を別の紙袋に用意しますが)でも、リュックタイプを選ばれた方でいちいちリュックを下すのが面倒という場合には、適度にしまう場所のあるショルダーバックがあると便利です。

旅行用バックまとめ

1泊2日旅行の旅行バック選びはある機能性よりもデザイン性重視で、自分の好きなものを選ぶことができます。是非今回提示したポイントを押さえて楽しいバック選びをしてください。

By June

オススメ軽量リュック

ごきげんよう 管理人Erinaです。ここ、どうしても今使用しているリュックがあまりにも快適で、ご紹介したくて飛び入り参加します。

このバック、世界ふしぎ発見!の旅の達人・竹内海南江さんがプロデュースして、今も大人気のカナナプロジェクトという企画の商品です。

世界100ヶ国以上をまわったというだけあって、バックのあれほしいこれほしいが詰まっています。イエ、つまっているというよりムダなものがないといった方が良いかもしれません。

シンプルで軽量なのに中を開けると気の利いたポッケがたくさん。これ一泊二日にはほんのちょっと小さいかもしれませんが、これに入らないものは、持って行かないようにしています。

なのでシャツと下着の替え1セットずつほど。笑。現地でのお土産がどんだけになるかわからない私は、せめて行くときは両手があいて、まずは小回りよく動けることを優先します。

このリュックは、旅に限らず、今やお出かけのバック用としても使っているので、大変重宝しています。気になるのは、この小ささにして、立派なボストン風バックが買えそうな、ちょっと高めのことですね。

購入時はさすがに価格の面だけは、充分考える時間が必要でした。

今となっては、愛用の度合いからして、すっかり元はとれていると思います。もう、かれこれ5.6年以上は使っていると思います。生地も薄い割には比較的丈夫です。

ある日、数年ぶりにあった友達がクスッと笑うので何事かと思ったら、それまったく同じサイズと色のものを持ってるよ!って。彼女は、私ほど旅するわけではなく普段使いのようです。

紹介しておきながらなんですが、一番はじめのリュックはお安いのですが、間違いなく中国製。今の中国製は、縫製も随分キレイになってきていますが、やはりコストを抑えたところが売りなので、素材がどうかな~と懸念されます。

はじめなのでお試しで使ってみるというのもありでしょうが、長い目で見たら、使い勝手・素材の良い物をはじめから選ぶとかえって安上がりだったりします。愛着もわき方が違うので、大事にしますし。大事にすれば持ちも良いという好循環になります。

是非、あなたの旅行バック一泊二日用兼普段使いに、このリュックを候補に入れてあげてくださいな。

[カナナプロジェクト] Kanana project トラベルリュック 48106 14 (オレンジ)

それでは、よい旅を。Bon Voyage

追伸:すぐ上のゴリラのマスコットが目印のキプリングも仕様経験あります。こちらも丈夫でおすすめです。

次回は、旅行かばん二泊三日用のポイントやオススメをご紹介します。お楽しみに。

by Erina

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク