白鳳堂のブラシが引き出物で喜ばれる訳。おすすめを見積もってみた!

白鳳堂のブラシが引き出物で喜ばれる訳。おすすめを見積もってみた!

白鳳堂 HAKUHODO 基本5本セットN ブラック [532976]

自分の結婚式に参加してくれたゲストに、引き出物として何を用意するか悩んでしまいますよね。ここでは有名な白鳳堂のメイクブラシを引き出物の候補に挙げていただくことをおすすめします。女性なら誰しも一度は憧れる、高級メイクブラシ。なぜ引き出物に良いのでしょうか。また、実際引き出物に取り入れるとしたらどういうものが良いかもご紹介します。

引き出物の相場は?

結婚式に参加したゲスト一人当たりに贈られるギフトの個数は2~3個が平均的。

引き出物にかける平均額は一人当たり¥6,500

もちろん、友人や同僚と親族や目上の人では内容が異なりますが、全体を平均するとこうなります。また、この引き出物の総額は年々増加傾向にあるそう。

また、贈る相手により品物の組み合わせパターンを変えるのが一般的です。「親族」「友人」「上司」「性別」など2~4パターンに引き出物の組み合わせパターンを用意することが多いようです。

また、地域によって引き出物事情が異なる場合も多々あり、親のアドバイスが不可欠なケースことも。引き出物を選ぶ際には地域の相場観も大切にしたいものです。

引き出物で最近よく見かけるカタログ式ギフト

一昔前は、立派な食器に代表されるような大きな箱で重たそうな引き出物が主流でした。最近は軽くてかさばらず、自分で欲しい品物が選べるカタログ式ギフトが急増中です。

このギフト用のカタログの中で熊野筆や白鳳堂のブラシが掲載されているのを見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。

白鳳堂のブラシを引き出物に☆

最近の引き出物の一般的な状況をご紹介してきました。キーワードは「いくつかのパターンを用意しておく」「軽くてかさばらない」「地域や親の意見も大切」といったところでしょう。

確かに持ち帰りやすく、たくさんの商品の中から自分で選べるカタログは便利です。でも意外に家に帰ってから商品を選んで、はがきやネットで申し込んで…というのは手間でもあります。私も以前、注文するのを忘れていて、月日が経ってから埃のかぶったカタログの存在に気付き、慌てて開いたら注文の期限が切れていたことがあります。ちょっと残念な思いになりますよね。

白鳳堂のメイクブラシは結婚適齢期の女性にはあこがれの存在であることは間違いありません。しかも軽くてかさばりません。180年の歴史を持つ伝統工芸品ですから、ご両親も納得しやすいのではないかと。

ということは、新婦の友人で女性の方には白鳳堂のブラシがぴったりではないでしょうか。特に白鳳堂の創業地である広島が新郎または新婦の出身地である場合は、超絶うなります。(←ちと、大げさですね。笑)

by coco

 wedding-bridal-bouquet-breach

 

女性の美しさへの関心はいくつになっても

新婦の友人なら、ちょうど女性としても一番キラキラしていたい時期。美しくなることなら意欲的なお年頃です。また、多少年配の方でも、女性はいつまでもうつくしくありたいことに変わりはありませんから、遅すぎることはありません。

よほど日頃メークをしなさそうな人以外は、女性軍、何歳になっても嬉しいかもしれません。もし、ご高齢の本人が使わなくても娘にあげるという手もありますし。

さらに、ギフト用カタログまでチェックできませんでしたが、店舗(もしくは商品)によっては、名入りの筆を用意してもらえます。

よい化粧筆は、決して安くはありませんので、なかなか自分のお財布からというのは口が開かない人も、これを名入りでもらえば、嬉しさもひとしおです。

さらに、筆の寿命が長いこと、よいものを持っている気持ちもアップし、使用してさらにその使い心地に酔いしれ、いいことずくめです。

もう一つ、大事なことを言い忘れています。

そんな素敵なものを引き出物にしたあなたの株が上がるということです。

白鳳堂の化粧ブラシを引き出物にするときのおすすめは?

さて、実際引き出物にするときに、白鳳堂の化粧ブラシは、高級品ですから、どうセットしたらよいか悩みますよね。

白鳳堂の店舗本店は京都なので、直営店に足を延ばしてみてはいかがでしょう。筆を見ながら実際に選んだほうが、納得できますし。

今回は、銀座三越の直営店にお尋ねしました。(直営店は全国14店舗ほど)

まず、引き出物の相場が6500円であることを考慮して、この中で収めるとします。

一番のおすすめは、E110のチーク筆(\4300)だそうです。これに名入れ(\150)をして箱に入れてもらいます。(合計4673円・税込)

私も、化粧筆で1本と言ったら、リップブラシ・眉ブラシ・リップブラシと悩むところですが、やはりチークを選ぶでしょう。塗る面積が大きく、フワッとした感じが、一番心地よく感じて、筆の質の良さを感じる、味わえるからです。それも、何度も塗り重ねるのでなく、ほんの数ブラッシングで事足ります。

ただ…ただ、ですね、いただいた方が、その高級ブラシを知らなかった場合、

「え、なんか高級そうではあるけど、筆一本が、引き出物?!」ってなっちゃうと思うんですよ。使えば、じわっと良さが分かってくると思うけど。良さに気づくのにタイムラグがある、きっと。あまり、メイクに興味がない人は、気づかずに終わる可能性もないとは限らない。

そこで、そういう場合、リップブラシと眉コーム&ブラシかアイシャドウ用ブラシの2点をセットにした方が、ちょっともらった感じもあるし、リップブラシだと、一番実感がわくかもしれません。この場合、柄がプラスチックだと名入れできないので、木製のものを選んで、やっぱり名入れをしてあげたいですね。(2点なので¥300、何とか5000円以内には収まる予定)

また、反対にそこそこキャリア組で、お祝いもたくさんいただきそうな方には、思い切って万円単位の筆セットにするのがよいでしょう。セットは、一番安いもので、基本セット3本7800円からあります。かなり高いのもあるので、それらは白鳳堂ショッピングのHPをご覧ください。(店舗とサイトでは、見れる商品が違うようです。冒頭のE110はネット上では見当たりませんでした。店舗確認をお勧めします。)

白鳳堂セット白鳳堂サイトより抜粋

もう一点ご注意する点は、在庫状況確認や名入れに時間がかかるので、1カ月以上は、早めにご来店くださいとのことでした。

大変ですが、贈る人によって、内容をいろいろ変えるとなお喜ばれそうです。

引き出物でお悩みの方はぜひ、白鳳堂のブラシをご検討下さい☆きっと女性のゲストには大変喜ばれますよ!

 

 白鳳堂は熊野筆でもあります。(4分02秒)
※引き出物というより、プレゼント編になりますが。↓

関連記事→熊野筆と白鳳堂はどういう関係?違いは?

また、引き出物だけに終わらない熊野筆を利用した、思い出の出産祝いの一品の記事も間もなく書きますので、お楽しみに♪

by ray

スポンサーリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク